税理士岡本良英・税理士公認会計士岡本一:法人税・消費税・相続税・所得税の確定申告から経理、記帳代行、経営分析、WEB開設、議事録作成までフルサポートします。垂水・舞子・朝霧・明石・塩屋・須磨の税金ならお任せ下さい。
blog
  • HOME »
  • blog »
  • 文学・雑誌

文学・雑誌

「金輪際」を英語で言え!

先月日経夕刊「こころの玉手箱」は作曲家川口真の登場だった。私と近い世代の方であり、由紀さおりの「手紙」や山口百恵の「いい日旅立ち」弘田三枝子の「人形の家」などこの方の歌は何処か他の人と違うなと感じていたが学歴を見て魂消た。

渥美清のドラマ「泣いてたまるか」と放送禁止用語

先月芦屋のNさんを訪問させて頂いた折、庭に白いムラサキシキブが咲いているのに気付き「種が生ったら下さいね」とお願いしていたら先日送られてきた^^。ネットで調べたら此れはムラサキシキブ属でもシロシキブと謂う種類だそうで種が乾かぬうちに蒔くよう書かれていたが

旭化成建材は被害者じゃないの?

庭の大根も順調に育って三角バッタの好餌となり、モンシロチョウがせっせと葉に卵を産んでいる、卵は軈て青虫となって大根の葉を食べるのだが青虫は葉と同じ色だから見付けるのが殆ど不可能だ、でも青虫にしても蝶々になるために必死だし捕まえて金魚の餌にするのは人間のエゴだから見逃してしてやろうと思う。なんて…悟ったようなことを書いているが、実はもう私の視力では青虫と大根の葉との見分けができない(;;)。

60年前のいろいろ

秋の夕暮れは釣瓶落としと謂うが夜が更けるのは早い、シルバーウイークなのに盛り沢山の仕事で鬱屈して居る私に秋を満喫させてくれたのが先週頂いたEさんの京都散策時の写真だった^^。金閣寺天竜寺の庭園です。日本でしか見られない風景だが、最近では諸外国の方々にも静謐でひっそりした日本の自然の佇まいが理解されて来たようだね。 「金閣寺」と言えば60年前「新潮」に連載された三島文学の代表作を思い出す、あの頃私は未だ20歳で夢多き文学青年?だった。

ヨーロッパ人の日本人感

暑かった8月も漸く終わりを迎えたが、暑さだけは此からまだまだ当分続きそうだ。先週事務所の庭に何処から来たのか精霊蝗虫(しょうりょうばった)が居た、水遣りの私の姿も見て愕き叢(くさむら)から飛び出し窓枠に取り付いた。この辺り数キロ周辺には草原はないしトンボと違って此奴は沢山飛べないから何処からやってきたのか不思議でならない。そっとして翌朝見たら居なかったが何処へ帰ったんだろう? キリギリスの鳴き声もこの頃はめっきり蚊細くなった。啼いているのは3匹になり、メスも沢山生まれたから大方交配に産卵も済んだ頃と思われる、今年は庭の雑草団が群落をなし雨でも中で凌げる位繁茂し彼等が安穏に生活できる環境になったため夜の内に隣家の庭に飛んで行く不届き者も居ず、生まれた塒(ねぐら)だし、好物のオンブバッタも沢山孵化して飛び回っているから充分寛いで余生を楽しんで居るようだ^^。蜻蛉もチョウチョもよく来ているので人から見れば見苦しい庭だが昆虫の楽園かも知れないね^^。でも水遣り時のヤブ蚊の襲来には唯々閉口している(;;)。

ジャンケンをさせる散髪屋

先週何時も行き付けである商店街の理髪店「かんさい」で散髪して居たら面白い光景にお目に掛かった。散髪の終わった客が精算時に「かんさい」に初めての客だと分かると、何故か店の人からジャンケンを挑まれていた^^。耳を澄ませて聞いていると、客がジャンケンに勝ったら料金が300円廉くなり、アイコの場合は200円引き、客が負けても100円引きになる仕組みだそうだ。トクになることだから誰もジャンケンするよね^^、 此の理容院は時間が短くて値が安いので重宝し、最近10年位月一で通っているが私はジャンケンした記憶がないからその後オーナーが考えついたものだろう、とても良いアイデアだ。何気に散髪屋に入った人もジャンケンしたことは忘れないだろうし料金の安くなったことも記憶に残り次回も行こうと思うだろうね、知人にも話すに違いないからクチコミも期待できるよね。

少子化の原因はアメリカの小麦だ

先週のある日公園の木にクマゼミが止まって鳴いていた、一見して何処に蝉が居るのか分からないが、良く見て下さい。中央に正しく止まって居るから樹木の色に融け込み紛れている。此が天敵に対する自衛策なんだろう。でも昔猫はよく生きた蝉を咥えて来た。どうして捕まえるのか信じられないが兎に角捉まえて来た。

猫は現在ではペットだが昔は家畜だったと本に書いてあった、納屋に入れた貯蔵用米や麦などの穀類を鼠から守るのが彼女達の仕事だったのだ。幼い頃田舎に帰ると猫が鼠を咥えて帰ってきて褒めて貰うため家族に見せ、喉など撫でて貰っていたが、今なら皆にキャッと叫ばれるのがオチだろう。だから今の猫は鼠など捕らえない、ペットだからもう家畜じゃないんだ。

カーテンの神様

先週の木曜日の夜1時頃(正確には金曜日だ)トイレに行こうと部屋を出てトイレの戸を開けようとし寝惚けてふらつき2階の踊り場から足を踏み外して一気に1階まで落ちた(;;)。右足が階段側に踏み外したようで仰向けの儘足から落ちていった、尾骶骨を13段ある階段の角にドンドンと13回打ち付けて落ちて行ったが、13回が20回にも思えたほど長かった。尾骶骨以外は頭も何処も打たずに擦過傷が2個所だけだったのはどう考えても天佑であり、不思議でならない。物凄い音は隣に住む愚娘宅まで聞こえて愕かしたらしいし、1階で寝ている愚息はてっきり私が死んだと思ってやってきたら立って居るのでひどく愕いたようだ。

「NISA」で蓄財しよう

今日は8ケ月振りに漢字検定日だ、早朝より東にある福田川の川べりを散策して公園の紫陽花などを愛でて気持ちを落ち着け体調を確かめた。少し風邪気味だが語りかけてくれる様々な紫陽花の花に励まされて何とか頑張れそうだ^^。此の処降 …

年金機構とマイナンバー

今年も梅雨がやってきた。此の時季晴れの日と雨の日と寒暖の差が大きく30度にもなり半袖だったのが、翌日は雨で20度に下がる天候不順は再び抽斗(ひきだし)からカーディガンを取り出さねばならず耐寒性の衰えた年寄りにはとても辛い。 今年も昨日Eさんから菊水山に自生する「笹百合」の映像を頂戴した^^。この花は何時もながら神々しい。写真からも気高い香りが匂ってくるような気がするね^^。

Page 2 / 5123»

お気に入り登録

サーバを移転しましたので、アドレスも変わりました。ぜひお気に入りに再登録をお願いいたします。

最近の投稿

アーカイブ

  • facebook
  • twitter

経営革新等支援機関

弊所は近畿経済産業局から経営革新等支援機関の認定を受けました。
これは中小企業支援を目的とした公的資格です。
支援を受けた中小企業は保証協会の保証料減額や税額控除等を受けられる可能性があります。
中小企業庁のパンフレット

岡本会計事務所

〒655-0025
神戸市垂水区瑞ヶ丘8-33
岡本良英(税理士)
岡本 一(公認会計士・所属税理士・経営革新等支援機関)
TEL : (078) 704-5488
FAX : (078) 708-5488

カウンター

PAGETOP
Copyright © 岡本会計事務所 【神戸市垂水区】 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.